年金制度の歴史
 
 日本で最も古い年金は軍人恩給で、その後、恩給制度を統一し、「恩給法」が制定されました。
 民間の年金は、船員保険の年金保険がはじまり、その後、「厚生年金保険」が制定されました。
 戦後は、「国民年金」が制定されてました。
 1984年に分立していた制度を見直し、基礎年金制度が導入されました。